お知らせ

日本平和委員会機関紙「平和新聞」2020年9月25日号に掲載された<書評>を紹介します

戦禍の記憶を次世代に

『いしかわの戦争と平和』発刊

日本平和委員会事務局長 千坂 純

 石川県平和委員会と「戦争をさせない石川の会」が協力し、このほど『記憶の灯り 希望の宙へ いしかわの戦争と平和』を発刊しました。

 石川県平和委員会は2000年に『石川県平和ガイドMAP』を、2007年には『戦争と金沢』を発刊。戦跡や軍事基地をめぐる平和ガイド活動を行ってきました。運動をすすめる中で県内の戦跡や戦争資料の調査・収集もさらに進み、「石川の会」と協力しての発刊となりました。

 本書の特徴は、日本軍国主義の侵略と敗北、戦後の歴史をしっかりと伝えながら、その中で石川県民がどう戦争に組み込まれ、どんな被害を受けたか、そして、どのように抵抗したかを、石川県に残る129カ所もの戦跡・史跡を丹念に取材し、くっきりと浮かび上がらせていることです。

 平和委員会の役員だけでなく、歴史家、郷土史研究家、詩人、写真家、グラフィックデザイナーなど、さまざまな分野の力を結集し、それぞれのぺージが豊富な写真や資料でビジェアルに編集され、戦跡を通じて日本と石川の歴史が学べる出色の出来栄えとなっています。最終頁にはすべての戦跡・史跡がマップで案内され、これを持って戦争と平和を考える旅ができるものになっています。

 石川県と細菌兵器開発を進めた731部隊との関わりを示す史跡、特攻基地跡や中国人・朝鮮人強制連行を悼む碑、地下軍需工場、治安維持法と闘った群像、平和憲法発布記念碑、戦後基地闘争の先駆けとなった内灘闘争の史跡、そして、航空自衛隊小松基地との闘い・・。戦争の悲惨さを刻印し、今日の平和運動をすすめる力となる一冊です。

 ◎オールカラー132頁・定価1300円(税込)

 ◎申し込みは090-2121-9741(山野)まで。

 

 

「記憶の灯り 希望の宙へ」の刊行を記念して、市民公開講演会を開催します。

日時:2020年10月10日(土)14:00~15:30

場所:金沢歌劇座・別館3階大練習室(金沢市下本多町6番丁27番地)

演題:「軍都」金沢といしかわの戦争

講師:本康宏史氏(金沢星稜大学教授)

主催:石川県平和委員会 戦争をさせない石川の会

*参加は無料ですが、新型コロナの関係で45人限定 マスクの着用をお願いします。

【監修のことば】

静かな流れは、底が深い

戦争を語り伝え、平和への思いを共有するために

金沢星稜大学教授   本康宏史

 

 「戦争」を語り伝えるということ。本書を刊行する目的は、まず、この一言に尽きると思います。そのうえで、本書の個々の内容を通じ、「平和」に対する思いを深めていただければ幸いです。とはいえ、戦争の歴史を「語る」こと、「伝える」ことには、それぞれの難しさがあります。とりわけ、近現代の戦争は、現代社会に直接大きな影響を与えているため、さらに様々な問題をはらむことを認識しなくてはなりません。一つは、戦争の「経験」が、戦後70余年を経た今日、実態・実感を伴いにくいこと。もう一つは、戦争に対するスタンス、いわば価値観の違いが、しばしばその認識や表現に反映しがちであることです。

 前者に関しては、世代間に戦争体験の濃淡があり、「戦争を知らない世代」すら、もはや少数派になってしまったのが現状です。文芸評論家の斎藤美奈子さんは、この点に関して、戦後日本の各世代は「戦争経験者」、「戦後第一世代」(親の戦争体験を一次情報として聞かされた世代)、「戦後第二世代」(学校教育やメデイアを通して再編された戦争しか知らない世代)に分かれると指摘しています(斎藤美奈子『戦争の語り方』2012年)。今後は、「戦後第一世代」ですら、次第に少数派になっていくでしょう。

 これに加え、石川県にはより特殊な事情があります。というのも、石川県は第二次大戦末期、空襲による被害のもっとも少なかった県の一つでした。このことは、隣県の福井・富山に比べても、戦争の記憶をリアルに伝える環境になかつたことが想像できます。しかも、金沢は、陸軍第九師団が置かれた「軍都」で、ある意味そのステイタスを誇り、戦後も軍隊関係の施設が多く残り活用されたこともあり、むしろ、軍隊に対する抵抗感が薄い印象があります。

 一方、後者については、戦争に関する「事実」をいつ、どこで、どのような立場で語ったか、あるいは聞いたかが、その「解釈」や「イメージ」を大きく左右します。たとえば、1940年代前半の戦争は、当時は「大束亜戦争」「東亜の聖戦」と呼ばれていました。しかし、戦後は「大平洋戦争」、近年では「十五年戦争」「アジア・太平洋戦争」と呼ぶことが多くなっています(もちろん、政治的主張により「聖戦」と呼ぶ人々も一部にいます)。

事実関係についても、例えば南京事件の被害者数など、本来は客観的に確定されるべき数値の認識についても、中国の南京戦犯裁判軍事法廷では30万人以上とされるのを最大に、20万以上(東京軍事裁判)、10〜20万人(笠原十九司説)、4万人上限(秦郁彦説)、1~2万人(借行社『南京戦史』)とその幅は大きく、いわゆる「虐殺」はなかつたとする虐殺否定派も存在します。

 いまほど、「客観的」という表現を使いましたが、そもそも戦争の叙述に客観性を求めることは、きわめて困難です。それは、戦後70余年の社会の動向をみても明らかでしょう。例えば、「戦場の実態」といっても、それぞれの兵士が置かれた環境や立場によって体験が異なり、語る時期によっても内容が複雑に変化します。むしろ、本書の使命は、いかに戦争の記憶に説得力を増すか。そのためには、出来るだけ「確実な史料」にもとづくこと、なるべく多くの研究者の支持を得た「解釈」に依拠することが重要かと思います。

 しかし、一方では、平和に対する思いを共有することも本書の大切な意図です。ただし、事実の歴史的叙述からその意図を達成することは、執筆者にかなりの力量が求められます。おそらく、その役割は、文学作品や映像作品に頼る必要があります。ただ、本書でも多少なりとも読者の感性に訴えるべく、適切な表現や図版の選択に心がけたつもりです。歴史を学び語る際思い出すのは、「静かな流れは、底が深い」という箴言です。熱い思いと冷静な姿勢、この言葉の合意を踏まえれば、本書刊行の目的に一層近づけるのではないかと思う次第です。

 過ちを繰り返さないための、想像力

 戦争の痕跡をたどり、悲惨な記憶を学び、未来へ手渡すために

いしかわの戦争と平和 編集委員会

 いまも世界には戦争が絶えません。紛争を武力で解決しようとする政治勢力が力を増しており、それを支持する民衆の動きもあります。日本も例外ではありません。平和憲法を敵視して歴史の歯車を逆回転させる動きは戦後すぐに始まり、いまも続いています。
 安倍晋三政権は、日本国憲法が禁止する集団的自衛権行使を可能とする憲法解釈を強行、安保法制まで作りあげたうえに憲法9条を改憲し戦争のできる国への総仕上げを目指しています。
 私たちはこのような動きに強く反対します。国際社会も紛争は平和的に解決すべきとの声が高まりつつあります。この流れをいっそう確かなものとするには、過去の戦争の痕跡をたどり、その悲惨な記憶を学び、過ちを再び繰り返さないようひとりでも多くの人が自覚することではないでしょうか。
 石川県の平和運動はこの取り組みを早くから進め、県内に数多く残る戦跡や軍事基地をめぐる平和ガイドを行ってきました。その一環として石川県平和委員会は『石川県平和ガイドMAP』(2000年)、『石川県平和ガイドMAP No.2 戦争と金沢』(2007年)を刊行しています。すでに最初の発行から20年が過ぎ、運動を進める中で県内の戦跡や戦争資料の調査・収集も進んできました。『平和ガイドMAP』の内容をいっそう豊かにする条件もそろい、誰もが手に取って戦争の記憶を学ぶことができる冊子に改訂する必要を感じていました。
 戦跡をたどる意義は、戦争の痕跡を自分の目で確認し、そこにまつわる悲惨で残酷な結末への想像力を働かせる場となるからです。本書で戦跡の所在を地図で掲載したのも、その現場を訪ねてほしいという思いのためです。
 本書で取り上げた戦跡は、戦場に直結した軍事施設だけにとどめていません。とくに日本が国民総動員体制をとったことから、天皇を中心とする政治・軍事体制による国民生活への痕跡も戦跡として掲載しました。
 戦争の現場は戦地にあるだけでなく、銃後といわれた日常生活そのものが戦争であったことを知ってほしいと思います。
 日本が引き起こした戦争は、敵方への加害と、敵方から受けた被害との両方を生みだしました。ところが、戦争被害は強調されるものの加害について正面から向き合うのを避ける傾向にあります。加害は戦地だけで起こるものではなく、占領地から地域住民を日本へ強制連行する行為も含みます。本書は加害の事実も目を背けることなく記録しました。
 日本国憲法前文には「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し」とあります。戦争への深い反省から生まれた日本国憲法には、戦争が政府の行為であると明確に指摘しています。政府の行為を監視するには、戦争の記憶を風化させることなく平和の意義を絶えず対置する作業が必要です。本書は平和を希求するさまざまな活動にまで触れました。戦争に歯止めをかけるうえで市民社会の運動の役割に着目したからです。
 本書の刊行が、私たちの足元にある戦跡の存在を深く自覚する契機となると同時に、戦争の記憶を次の世代に引き継ぐ一助となるのを願っています。

 石川県平和委員会と戦争をさせない石川の会が共同編集した『記憶の灯り 希望の宙へ いしかわの戦争と平和』を本日刊行しました。

ご注文ページ

 

県内の次の書店でも販売しています。

【金沢市】

うつのみや金沢香林坊店(東急スクエアB1F)

うつのみや金沢小立野店(B&S小立野ビル1階)

うつのみや金沢百番街店(JR金沢百番街)

金沢ビーンズ(明文堂書店・県庁前)

TSUTAYA金沢店(西念4丁目)

TSUTAYA鳴和店(小金町)

TSUTAYA大桑店(大桑3丁目)

ブックショップリード(大額2丁目)

ブック宮丸めいてつ・エムザ店(武蔵町)

【野々市市】

うつのみや金沢工大前店(扇が丘162)

うつのみや野々市上林店(上林4丁目)

【能美市】

中西書店(寺井町)

【小松市】

うつのみや小松城南店(城南町・サウンドイン)

【加賀市】

まえやま書店(山代温泉北部)

たにさく書店(大聖寺弓町)

【七尾市】

きくざわ書店ナッピィモール店(藤野町)

【中能登町】

きくざわ書店アルプラザ鹿島店(アル・プラザ鹿島1階)

 

戦後75年、8月15日刊行予定の『記憶の灯り 希望の宙へ いしかわの戦争と平和』のプレチラシ(改訂版)を紹介します。以下のチラシにあるように県内主要書店でも予約受付・店舗販売していただけるようになりました。

 

  『記憶の灯り 希望の宙へ いしかわの戦争と平和』刊行にあたって

 石川県平和委員会と戦争をさせない石川の会は共同で2019年1月に「いしかわの戦争と平和」編集委員会を立ち上げ、石川県平和委員会が戦跡・基地ガイドとして作成した『石川県平和ガイドMAP』(2000年)、『石川県平和ガイドMAP №2 戦争と金沢』(2007年)の内容をいっそう豊かにしたガイドブックとして自費出版します。

 戦後75年の今夏、戦争の記憶が薄れる中で、県内での戦争の加害と被害の事実を示す遺構、記念碑、その他の記録集を集大成した『記憶の灯り 希望の宙へ いしかわの戦争と平和』(A4判 132頁 定価1,300円)を刊行します。監修は日本近代史の研究者として石川県立歴史博物館学芸課長を経て、現在、金沢星稜大学教授の本康宏史氏に依頼しました。

    詳しくは以下のプレチラシをご覧ください。プレチラシでは2020年秋・刊行になっていますが、新型コロナウイルスの第2波を想定して、戦後75年の8月15日刊行に早めました。

 事前申し込みを受け付けています。以下の印刷用プレチラシをご活用ください。

印刷用:334KB

 戦争をさせない石川の会のシリーズ「戦争」学習会は、新型コロナウイルスの感染拡大、市中感染を防止するため、4月18日第2回学習会(講師 漆崎英之さん)及び6月20日第3回学習会(講師 ロニー・アレキサンダーさん)の開催は延期することになりました。両学習会は新型コロナウイルスが収束した時期に開催します。

 戦争をさせない石川の会のシリーズ「戦争」学習会の第2回企画をご案内します。皆様のご参加を呼びかけます。

印刷用PDF:537KB

 

 

関連リンク

記憶の灯り 希望の宙へ
いしかわの戦争と平和
安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める!いしかわ市民連合

アーカイブ