お知らせ

 毎年恒例の新春社会保障講演会が下記の要領で計画されています。今年の講演会では、横山寿一さん(佛教大学教授)が「2016年日本の社会保障をめぐる情勢と私たちの課題」について講演を行います。多くの皆さんのご参加を呼びかけます。

印刷用(PDF:179KB)

 

  戦争をさせない石川の会も賛同団体になっている「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める!いしかわ市民連合」は、衆議院選挙が公示された10月10日、第13回ミーティングを近江町交流プラザ4階研修室で開き、以下の声明「衆議院総選挙への取り組みについて」を確認しました。本会ホームページに紹介します。

 

衆議院総選挙への取り組みについて

 衆議院総選挙がはじまりました。石川県の小選挙区において立憲野党による統一候補を擁立することができなかったことは大変残念であり、いしかわ市民連合としても、立憲野党を橋渡しするだけの力をもつことができなかったと考えています。県内でも、希望の党から3人が立候補されます。希望の党は基本的に安保法制を容認し、憲法改正を容認する立場であり、わたしたちの理念や政策と相入ないため、支援・共闘することを断念せざるをえませんでした。

 しかし、わたしたちのとりくみが無駄になることは決してありませんし、あきらめる必要もありません。県内の小選挙区において統一候補はいませんが、わたしたちができることはたくさんあります。

 いしかわ市民連合は、これまで社民党ならびに共産党と政策協議を行い、わたしたちの求める理念・政策への合意を確認してきました。両党が個別具体の政策内容を超えて、安保法制の廃止と立憲主義の回復という大義を共有していることから、いしかわ市民連合として、今回の選挙では立憲主義の回復と民主政治の実現に向けた大きな流れをつくり出し、ゆるやかな連携を広げていくために、小選挙区では特定の候補者を支援せず、比例区で立憲主義に立つ野党を応援することにしました。憲法を守り、市民のための政治を取り戻そうとする県内有権者のみなさんに、立憲野党の存在を知っていただき、選択肢があることを訴えたいと思います。

 みなさん、投票所に足を運んでください。選挙に行こうと呼びかけてください。一人ひとりの一票が、政治を変えていく確かな力になります。

 安倍首相は、森友・加計学園疑惑や自衛隊日報隠蔽問題を追及され、自己保身のために解散権を乱用しました。議会制民主主義を否定し、国会から逃げ続ける安倍政権と改憲への暴走を許すことはできません。

 今回の総選挙は、自民党を補完する改憲推進勢力に、市民の後押しを受ける立憲民主党・日本共産党・社民党・無所属候補の立憲主義勢力が対峙する、歴史的な選挙です。個人の自由と尊厳を擁護することが、民主政治の根幹であり、わたしたち一人ひとりが自分らしく生きられる社会をつくることこそが政治の目的であるはずです。立憲主義と民主主義を守り、平和で安心した生活と子どもたちの未来に直結する政治を実現するために、わたしたちの暮らしに根ざした、市民による政治をみんなで取り戻していきましょう。

 憲法をないがしろにする安倍政権、政治家はいりません。いしかわ市民連合は、市民が築いてきたゆるやかなつながりを大切に、市民と立憲野党が共同して、立憲主義を回復し、個人の尊厳を擁護する民主政治を実現するために、わたしたちの足元から声をあげていきます。ともに力を合わせていきましょう。

 2017年10月10日

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める!いしかわ市民連合

  

   劇映画「明日へー戦争は罪悪である」の自主上映が県内各地で計画されています。

 映画は、2015年の安保関連法案に反対するデモが盛り上がるなか、老人ホームで余生を過ごす98歳の元落語家、金山亭我楽(岡本富士夫)が、太平洋戦争に向かう時代に噺家を目指した少年の頃、故郷瀬戸内の島の僧侶・杉原良善(中原丈雄)との交流を回想するシーンをとおして、戦争協力の説教者だった和尚が突如「仏教の教えの第一は不殺生、人の命を損なう戦争は罪悪である」と反戦の意志を露わにする変化を追ったものです。戦争中に反戦を訴えた僧侶たちのエピソードをもとに製作されました。 

 石川県の上映実行委員会は、8月31日に戦争をさせない石川の会、石川県宗教者平和協議会などの賛同団体や個人の賛同人によって発足し、県内上映会が下記のように計画されています。

*鑑賞協力券 一般=1,000円、障害のある人・介助者・高校生=500円

 開催日  曜日         会場 上映時間 上映時間 上映時間
11月11日  土 津幡町文化会館シグナス 視聴覚ホール 13:30
11月26日  日 真宗大谷派(東本願寺)大聖寺教務所 13:30 19:00
11月30日  木 金沢21世紀美術館 B1シアター21 10:00 13:30 18:30
12月2日  土 白山市・松任学習センター 2階ライブシアター 10:00 13:30
12月9日  土 石川県七尾美術館アートホール 14:30
12月10日  日 野々市市情報交流館カメリア館 2階ホール椿 10:00 13:30
12月10日  日 かほく市・高松産業文化会館ホール 13:30
12月17日  日 穴水町さわやか交流館プルート 多目的ホール 13:30
1月13日  土 コスモアイル羽咋 小ホール 10:00
1月20日  土 内灘町文化会館 3階視聴覚室 13:30
1月20日  土 こまつ芸術劇場うらら 小ホール 13:30
1月27日  土 能美市根上総合文化会館 円形ホール 13:30
1月28日  日 金沢21世紀美術館 B1シアター21 10:00 13:30 18:30
1月29日  月 元気ハウス(輪島診療所隣り) 13:30 17:30

 

 

 

 

 戦争をさせない石川の会も参加している「憲法改悪阻止!戦争法廃止!」を呼びかける八団体は、平和憲法公布71年記念日の11月3日、石川県教育会館ホールで下記の県民集会とパレードを計画しています。

   詳細は下記の案内チラシをご覧ください。県民のみなさんのご参加を呼びかけます。

 印刷用(PDF:723KB)

 戦争をさせない石川の会も賛同団体になっているいしかわ市民連合は、衆院選に向けて市民の立場から政策を作りあげるため、「いのちとくらしを守る市民集会」を連続開催しています。

 第3回の開催要項が下記のように決まりましたので、県民のみなさんのご参加を呼びかけます。

  印刷用(PDF:1MB)

 戦争をさせない石川の会では、3月18日に「オリンピックと共謀罪」「泊・横浜事件と共謀罪」のシンポジウムを金沢市において行いました。その第2弾として、今回は七尾市において共謀罪の危険な本質を学ぶ講演会を開催します。

 治安維持法下で最大の言論弾圧と言われた泊・横浜事件はなぜ起こったのか。共謀罪とどのような共通点があるのかを理解する機会とします。事件のきっかけになった一枚の写真を題材にしたドキュメンタリー番組の視聴と講演から、治安維持法が市井の人々に「犯罪集団」のレッテルを貼り、思想・言論や「一般人」の弾圧に利用された現実を学びます。

 講師はドキュメンタリストで北日本放送の元アナウンサーの金澤敏子さんです。米騒動の語り部でもあり、米騒動における民衆の力強さもお話しいただきます。

  印刷用  講演会チラシ表(PDF:207KB)       チラシ裏(PDF:1MB)

案内チラシ(印刷用/PDF :207 KB)

6月10日、七尾市講演会チラシ裏

 

「米騒動、泊・横浜事件、共謀罪を考える」

 戦争をさせない石川の会では、3月18日に「オリンピックと共謀罪」「泊・横浜事件と共謀罪」のシンポジウムを金沢市において行いました。その第2弾として、今回は七尾市において共謀罪の危険な本質を学ぶ講演会を開催します。

 治安維持法下で最大の言論弾圧と言われた泊・横浜事件はなぜ起こったのか。共謀罪とどのような共通点があるのかを理解する機会とします。事件のきっかけになった一枚の写真を題材にしたドキュメンタリー番組の視聴と講演から、治安維持法が市井の人々に「犯罪集団」のレッテルを貼り、思想・言論や「一般人」の弾圧に利用された現実を学びます。

 講師はドキュメンタリストで北日本放送の元アナウンサーの金澤敏子さんです。米騒動の語り部でもあり、米騒動における民衆の力強さもお話しいただきます。

 皆さまのご参加をお待ちしています。

  戦争をさせない石川の会は下記の要領で時局講演会「北東アジアの平和を考える 北朝鮮脅威論を見抜くために」を開催します。多くの方々のご参加を呼びかけます。

 

 

 戦争をさせない石川の会も参加している「憲法改悪阻止!戦争法廃止!」を呼びかける八団体は、5月21日(日)午後2時からいしかわ四高記念公園にて「共謀罪」を許さない県民大集会とデモ行進を計画しています。

   詳細は下記の案内チラシをご覧ください。多数のご参加を呼びかけます。

印刷用(PDF:611KB)

 

 

 戦争をさせない石川の会も参加している「憲法改悪阻止!戦争法廃止!」を呼びかける八団体は、平和憲法施行70周年記念日の5月3日、本多の森ホールで下記の県民集会とパレードを計画しています。

   詳細は下記の案内チラシをご覧ください。県民のみなさんのご参加を呼びかけます。

 

 案内チラシ(PDF:1MB)

案内チラシ(PDF:929KB)

関連リンク

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める!いしかわ市民連合

アーカイブ